花粉症の友人の子供

注目

先日、花粉症の友人とお話をしていたら、6ヶ月の娘が便秘気味という話をしていました。
実は、私の子供も小さい時は、便秘美味で悩ませられました。いろいろと調べたら便秘には
オリゴ糖が有効という情報をもらって、オリゴ糖を飲ませたら、便秘は解消できました。

花粉症の種類

花粉症に種類があるということはご存知の方も多いと思いますが、花粉症の種類というのはどんな種類があるかご存知でしょうか?たとえば杉花粉、稲花粉などは有名ですが、それ以外にもなんと日本には50種類を超えるくらいの花粉があるといわれていますし、ある話によれば50種類ではなくて、80種類以上あるのではないかという話もあります。花粉症の種類というのは全国どこにいても同じというわけでなく、生育している場所によって花粉も違ってきます。
花粉症の種類は大きなジャンルで分けてみると、草花の花粉と、樹木からの花粉に分けることができます。樹木の花粉と言えばスギ花粉が一番有名だと思いますが、樹木の花粉は、花粉の飛散距離がかなり広範囲にわたるといわれていて、日本で花粉症で悩んでいる人の8割以上が杉花粉に悩んでいるといわれています。
花粉症の種類は色々とありますが、花粉の飛散時期というのが違っていますから、一年間を通して常に何かしらの花粉が飛んでいるということになるのではないでしょうか。特に春に飛びやすいのが樹木の花粉で、夏から秋にかけては草花の花粉の種類が飛びやすいといわれています。このように日本にある花粉症の種類というのはとても多いのです。

花粉症と病院

花粉症で悩んでいる人は今とても多いといわれているのですが、花粉症の症状がひどくなっている人は市販の薬ではもうどうしようもなくなって、そろそろ花粉症について病院で調べてもらったりしながらきちんと対処していかなくてはと思ったりするのではないでしょうか。花粉症の症状は色々とあるのですが、軽くても悪化することもありますからできるだけ悪化する前に病院へ行くことをお勧めします。
花粉症の症状で病院へ行く際には、耳鼻科を受診するのがいいでしょう。総合病院の耳鼻科などでは最近は花粉症外来と呼ばれる花粉症専門の外来なども設けられていますから、花粉症の症状に悩む人は専門の先生に診てもらうといいかもしれませんね。
花粉症で病院で見てもらった後には、薬をもらったりすることがほとんどですが、完治させたいと思っている人などは、レーザー治療を行ってもらったり、治療方法はほかにもいろいろとあると思いますから先生に相談してみるのがいいかもしれませんね。
病院によっては花粉症治療として注射をするというところもあるようですが、注射は危険という声も上がっていますからよく話を聞いて自分で判断してうけるようにしましょう。花粉症の症状に悩むなら病院へ行くのが一番です。

花粉症の季節

花粉症の季節と聞けばどうしても春を連想してしまうんですが、病院の先生などに言わせてみると、最近は花粉症の季節というのは特になくて、ひどい、花粉症にかかる人が比較的多いのが春だということで、あとは年中花粉症というのは発症している人がいるといわれています。ですから花粉症の季節=2月から春先というイメージはすっかりなくなりつつあるようです。
花粉症の季節は人それぞれ違っていると思います。春先に花粉症になる人もいれば、夏から秋の季節の変わり目に毎年花粉症の症状が出るという人もいるのではないでしょうか。人それぞれ花粉症になる原因の植物の花粉が違っていますから、その花粉が飛散する時期というのが花粉症の季節ということになります。
私は思い起こしてみるといつも春先と、9月ごろに鼻水が止まらなくなったり、アレルギーの症状が出ますから、年に2回花粉症の症状があるのかなと思いますが、花粉症の季節が年に2回という人もいれば、年中花粉症に悩まされているという人も中にはいるのです。花粉症の季節というのはこのように、自分が何のアレルギーなのかによっても違っていますし、何が原因なのかということによっても違っていると思います。

花粉症とマスク

花粉症の人は外出をする際にマスクは欠かせないものだと思います。花粉症の人はピークの時期にはできるだけ外出を避けた方がいいとまで言われているのですが、仕事をしている人などにとって、外出を避けるというのは難しいです。仕方なく外出しなければいけないというときには完全防備で外出しなければいけませんね。
そこで必ず必要になってくるのが花粉症用のマスクです。普通のマスクと違っていて、鼻まで覆うタイプのマスクもあり、立体裁断になっていて、完全に花粉をシャットアウトするようなものもあります。花粉がのどに入って粘膜についてしまうことで花粉症の症状が出てしまいますから、できるだけ体内への侵入を防がなければいけないのです。
花粉症の症状に悩んでいる人は、花粉症のピークの少し前から、花粉症用のマスクをつけておくことをお勧めします。最近はマスクの性能もかなり上がってきて99.9パーセント花粉をシャットアウトしてくれるものもありますから安心してつけられることが出来るのではないでしょうか。
花粉症の人は、外出時の必需品として、マスク、帽子、めがねは必要です。これらが体内への花粉の侵入を防いでくれますから症状が出るのを抑えてくれるのです。

花粉症にゴーグル

花粉症の人はゴーグルをつけて外出をしてもいいくらいの勢いで花粉症の症状が一歩外に出れば襲ってきますよね。実際にゴーグルも花粉症用のものが販売されています。メガネでは隙間があいているためにどうしても目の中に花粉が入りそれが粘膜につくことで花粉症の症状が出てしまうのですが、ゴーグルなら隙間があいていませんから完全に目を覆ってくれます。
花粉症用のゴーグルの中には、鼻の部分も覆ってしまうタイプのものなども販売されていますから、目から鼻にかけてゴーグルで覆うことが出来れば完全に目や鼻を閉じた状態で花粉を防ぐことができます。
ここまでしていても、コートやジャケットには花粉がついてしまいますから、外出先から戻ったり室内にはいるときには花粉を落とさないといけません。花粉症対策グッズは年々増えていますし、いろいろと研究を重ねられて本当に便利なものが増えてきました。
花粉症用のゴーグルもその一つですが、まだまだ装着をするには少し目立つというイメージもあったのですが、最近販売されている花粉症用のゴーグルの中には、それほどめだたないようなデザインで作られているものもありますから、女性でも抵抗なく外出時につけることができます。

ブタクサと花粉症

ブタクサって聞いたことがありますか?植物の名前なんですが、少し変わったような形をしている植物で、道端や畑などによく生育している植物です。花粉症に悩んでいる人の原因となる植物の一つとしてこのブタクサがあげられています。アレルギー性結膜炎にかかってしまっている人は、春先のカタル患者さんのブタクサに対している特異的抗体陽性率というのは20%以上とされていて、アレルギーの原因物質としてかなり強い物質であるということがわかっています。
ブタクサはだいたい8月から10月ごろに飛散するといわれていますから、夏の終わりから秋にかけて鼻水が止まらない、目がかゆい、くしゃみがひどいなどの症状があるという人は、ブタクサに反応して起きている花粉症かもしれませんから気をつけた方がいいでしょう。ブタクサはもともとは日本にはなかったのですが、第二次世界大戦後に北アメリカから日本に帰化して、それが全国に生育するようになったようです。
秋に花粉症になるという人の多くが、イネか、ブタクサによってアレルギー症状が出ている可能性が高いといわれていますから、ブタクサを、見かけたら注意した方がいいですね。ブタクサが近くにあるという人はあらかじめ撤去しておく方がいいかもしれません。

花粉症と漢方

花粉症の改善のために漢方薬を利用しているという人も今は増えています。花粉症と言えば、病院へ行って薬をもらって症状を緩和させたり抑えるというような言葉一般的ではありましたが、根本的な治療方法にはつながっていませんから花粉症の症状を抑えたところで薬をやめてしまうとまた再発してしまう可能性があるのです。
花粉症の症状を押さえこんでしまうのではなくて、根本的な面から治療をしたらどうかとして考えられたのが、漢方です。漢方は体質改善などにも効果がありますから、花粉症の体質を根本から改善してくれると思います。
タレントの押切もえさんも花粉症に悩んでいた時に漢方にであって漢方で治療をしていたという話を聞いたことがありますよ。市販されている花粉症の薬コーナーにも、ツムラが販売している花粉症の漢方薬などもありますから一度チェックしてみるのもいいですね。
花粉症に悩んでいるのは最近は大人だけではありません。子供も花粉症に悩んでいる人は多いといわれているのですが、子どもの場合は薬を飲むことが出来ないケースが多いですから、そんなときには3歳の花粉症に悩んでいる子供でも飲めるのが漢方です。漢方といっても色々と種類がありますから、処方してくれる病院や総合病院で相談してみましょう。

花粉症の原因

花粉症の原因は花粉症という名前の通り、植物の花粉が原因です。花粉症は花粉が原因で、アレルギー症状が起きるという病気ですが、毎年同じ時期にくしゃみをしたり鼻がとまらなかったり目がかゆくてたまらないような症状が花粉症です。日本でもここ数年花粉症という症状に悩まされている人は増えていますが、20年30年ほど前までは花粉症ということばはまだありませんでした。
しかし花粉症というのは、実は、古代ローマの時代からあったとされていたんだそうですが、花粉症の原因が植物の花粉だということがわかったのは19世紀に入ってからの話なんだそうです。そして日本で花粉症という病気があり、原因が花粉であると認知されるようになったのは、戦後といいますから、まだそれほど原因や症状がわかってからは日が浅いということになります。
花粉症の原因となっている花粉が、鼻の中や目の中に入って粘膜に就いてしまうと、抗体ができますが、この抗体は、決められた細胞にくっつくのですが、炎症を起こしてしまうヒスタミンなどが含まれている物質です。その中に花粉が入っているとアレルギーの症状を起こします。アレルギー症状は人にもよりますが、くしゃみや鼻水、目のかゆみやのどの痛みなどを起こす原因になります。

花粉症の症状

花粉症の症状は人それぞれ違っていると思いますが、よくあるのが、風邪の症状と間違えられやすいということです。たとえば頭痛がしたり、咳が出たり鼻が出たり人によっては熱が出るという人もいるようです。発熱をしてしまうと風邪だと思ってしまう人も多いのですが、実際には花粉症の症状だったということもあります。季節の変わり目や春先に毎年風邪をひいていると思っている人はもしかすると花粉症かもしれません。決定的な花粉症の症状というのがありませんから、実際に花粉症なのか判断しづらいと思いますが、毎年のことなのでしたら一度病院で血液検査をしてもらうといいかもしれませんね。
血液検査をすれば風邪の症状なのか花粉症の症状なのかがはっきりします。また花粉症の症状は目のかゆみを伴ったり、めまいが起きたり、皮膚がかさついてかゆみを帯びるというような症状を感じることもあります。のどが痛くなったりすることもよくあることです。
花粉症の症状を抑えるために薬を飲むと眠気が襲ってくるという人も中にはいるかもしれませんから注意したいですよね。花粉症の症状を抑えるためにはなってからでは遅いので、ピークがくる前から少しずつ対策を立てていく必要があります

花粉症の予防

花粉症の予防にはいろいろな方法があります。症状を抑える予防法もありますし、ほかにも花粉症の症状を軽くするための予防法もあると思います。花粉症の予防は花粉症がピークを迎えるような時期からスタートさせるのではなくて、あらかじめスタートさせておくというのが一番いいといわれていますがご存知ですか?花粉症の時期に入ってから予防をしてももう遅いんですね。だいたい花粉症予防には、2-3か月前くらいからの予防策が効果的であるといわれています。
では具体的にはどのように花粉症対策をしていくのでしょうか。花粉症予防をしたいと思っているのであれば、2-3か月前くらいから外出の時には、マスクや帽子、サングラスは必ず付けておいた方がいいかもしれませんね。そして薬なども耳鼻科で処方されているという人はそろそろ飲み始めるといいでしょう。薬が抵抗があるという人の場合には、甜茶を2-3か月前から飲み始めるのが花粉症予防に効果的であるといわれていますから、一度試してみてはいかがでしょうか。
そしてレーザー治療を行って花粉症予防をする人がいまは増えていますから、花粉症予防に耳鼻科へ行って相談をするというのもいいですね。とにかく少し前から行動を起こし始めるのがポイントです。